お知らせ

第一回産業保健講演会が開催されました


 

画像 007-2.JPG

「第一回産業保健講演会」が去る3月10日、鹿児島市卸本町にありますオロシティーホールにおいて開催されました。同講演会は、当協会の公益事業の一環として、県内各地において今後実施されるもので、今回は当センター所長 小田原努が「快適職場をめざす産業保健とは〜メンタルヘルス対策への取り組み方」についてというタイトルで無料講演会を実施させていただき、企業の労務管理・衛生管理者の方を中心に1729名の方が参加されました。

講演は「何故、今メンタルヘルスなのか」ということについて始まり、うつ病・うつ状態に至るプロセス、ブレスローの7つの生活習慣を用いたストレス発散法、外部機関との連携など、約1時間にわたって行われました。ご参加いただいた方からのアンケート回答からは「講演時間が短い」「メンタルヘルスの事例をもっと聞きたかった」との声が多く寄せられ、関心の高さ、熱心さがうかがえました。

今後も健康の保持増進に役立つ情報を皆様に還元していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。