健康診断・人間ドック

血液像



ドクターの絵

白血球は以下の5つの分画により構成されますが、その大部分を占めるのは好中球(桿状核球、分葉核球)であり、白血球増加の多くは好中球及びその幼若細胞の増加であることが多いです。
一方、白血球減少は好中球分画の減少による場合がほとんどです。日常の診療でよく見られる白血球(好中球)増加は細菌感染、急性出血後、火傷などの組織破壊、甲状腺クリーゼなどの代謝異常が代表的な例です。まれな疾患として、腫瘍性に白血球が増加する急性・慢性白血病などがあります。
一方、白血球(好中球)減少の原因としては薬剤、重症の細菌性感染症、ウィルス感染症や自己免疫性疾患、放射線照射、再生不良性貧血などがあげられます。
好酸球はアレルギー疾患や寄生虫で増加が見られます。リンパ球、好酸球、単球増加による白血球増加の頻度は比較的低く、好塩基球による白血球増加はまれです。

    
略名 日本語名 基準値
Neu Stab 好中球 桿状 19.0以下
Seg 分葉 27~72
Eos 好酸球 7.0以下
Ba 好塩基球 2.0以下
Mo 単球 1~8
lym リンパ球 18~50


健康診断結果の見方目次へ戻る健康診断結果の見方目次へ 前へ血小板検査へ 次へ貧血検査へ


Thank you for visiting This is The Web Health Support Center Kagoshima.
Status: 2001秋頃公開;2010-06-03更新. 個人情報保護方針.
Original URI is http://hsck.jp/

Message