二次精密検査

電子内視鏡検査


電子内視鏡検査

食道・胃部・十二指腸の電子内視鏡検査として、CCDカメラを埋め込んだ細径のスコープを体内に挿入しながら検査を行ないます。

医師は装置のTVモニター画面を見ながら操作を行い、受診者の方もTVモニター画面を見ながら検査を受けられます。

食道・胃部・十二指腸等の体内を直接観察できるため、検査を行ないながらポリープ・潰瘍等の診断を行なうと共に、病理組織検査による確定診断が出来ます。